Yemen? Pardon ma?

Read more »

Topic: バックパッカー | Genre: Tour

君に届け

どーもオーストラリア北西部の田舎町カナーボンよりお送りしています。
13日ぶりの休みやわー。

さてさて百姓仕事を始めてはや1ヶ月が過ぎ去りましたが、最近の悩みは
①金が貯まらないこと
②オージーサイズの食事に慣れたためか、ちょっと腹が出てきた(ビールの飲み過ぎという説もある)
③そしてなんだかニノウデが猛烈にかゆいこと
、の3点に尽きます。

①現在の職業「のうみん」
カプシカムという、まあピーマンを6倍くらい膨張させたような野菜をひたすら収穫する仕事。茎、葉を掻き分けハサミでチョキン。基本中腰キープし続けるため、もの凄く腰にくる。
時給は18$(ここから税引いて15.5$=¥1400)と悪くはないのだが、最近カプシカムの数が露骨に減ってきているため、1日6時間しか働けないのが難点。稼ぎは週600$ってところだろうか。

こうやって冷静に考えるとそこそこ稼いでいるのだが、何故金が貯まらないのだろうか。検証してみよう。



仮説① M&M(チョコレート200g入り、約300円)
これを約2日に1袋、ないし1日1袋のペースで消費。
まあ多めに見積もっても週2000円程度である→可決

仮説② ビール
やはりイギリスが宗主国であっただけにビールの種類は豊富である。ただ個人的に豪州のビールは種類豊富なくせにテイストは下品というかイマイチなものが多く、ハズレも多い。Clown Lagarは正統派、タスマニア産のJames Boagは一癖あるけど病み付きになる、あとはもっぱらドイツからの輸入モノBECKSばかり飲んでいる。いずれも6本入りで16~17$。
1日2本として、おおよそ週3000円くらいか→可決

仮説③ ギター
ここカナーボンにあるでっかい通り、その名もロビンソン通り。ここを歩くたびにスピッツの「ロビンソン」が頭を掠めるのだが、ある日のこと、ロビンソンのイントロ部分を猛烈に弾きたくなって衝動的にFENDERのアコギをご購入。
ギター300$/カポ45$/ソフトケース60$/チューナーサービス
悔いはなし→可決

仮説④ ホテル"PORT HOTEL"
仕事を紹介してくれる上に立地抜群、住人もオーナーも設備も良し、とまあ文句はないのだが、宿賃週150$+25$(職場、ファームまでの送迎費)とちょっとお高め。週15000円。さすがにざわつくね。まー今月末にはパースへ舞い戻るだろうし、もうしばらくの辛抱!

結論:気長にいくかね!

次回はもっとまともな内容をお届けしますw


P.S.「君に届け」を読み始めました。来世は必ずや風早くんに転生してみせる!

Topic: バックパッカー | Genre: Tour

“ざわつかざるを得ない展”

便が身体の健康状態を表すというのであれば今現在かつてない絶好調です、どうもお久しぶりです、私です。

ブログ更新しろよ!という有り難いお言葉を若干名より頂いたので重い腰を上げての執筆です。いやー動機が不純ですね。

最後の更新が3ヶ月前、フィリピンはバギオの語学学校BECIでの生活を薄らと綴ったのが最後でありますが、言うまでもなく、当時を振り返ると激しく郷愁の念に駆られるのが何よりの証拠、諸種さまざまな出来事が有った訳であります。

ダハブ、将棋、ドラムスクール、ビリヤード、美味すぎるマンゴー、我が部屋ROOM503が飲み部屋と化し毎晩のように皆で飲んだこと、夜な夜な人生について討論したこと、巣立っていく友人をVICTORY LINERバスターミナルまで見送る週末の悲壮感、ひとりサンミゲルビール飲みながらギター弾き語りしていた夜のこと、存在そのものが抗議であった、怪我で鼻を失った手負いネコはなちゃん、終盤はほぼ毎日通いつめたGOOD TASTEレストラン、23にもなって吐き散らかしたKUBO GRILL(KUBOの乱)。

そして校内レクリエーション開催2日前に突然愛しのGene Rose先生に「ほざ、何か出し物やって。音楽とか出来るでしょ。」との勅令が発せられ、二つ返事で引き受け即座にボーカル、ギター、ドラム、コーラス部隊etcを寄せ集め(私はベースである)LIVEに向けて夜な夜な練習したこと。(LIVE本番よりも練習やリハのひとときの方がいとゆかし)
LIVEに関しての詳述はコチラからどうぞ↓(ドラマーTOYOTAのブログ)
http://d.hatena.ne.jp/naotoyota/20110803/1312347394

BECI卒業後もマニラでパラワンでミサイルからラーメンまで、色々と有ったのだがそれはまた追々。フィリピンにはいずれまた行こう、行きたい。


最後にフィリピンでの2ヶ月をダイジェストでお送りします。
“ざわつかざるを得ない展” Controversial-The Philippines Through My Lens-
01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg
05.jpg
06.jpg
07.jpg
08.jpg
09.jpg
10.jpg
11.jpg
12.jpg
13.jpg
14.jpg
15.jpg
16.jpg
17.jpg
18.jpg
19.jpg
20.jpg
21.jpg
22.jpg
23.jpg
24.jpg
25.jpg
26.jpg
27.jpg
28.jpg
29.jpg
30.jpg
31.jpg
32.jpg
33.jpg
34.jpg
35.jpg



では、明日も仕事で6時起きなのでまた!オーストラリア西部、カナーボンよりお送りしました。

Topic: バックパッカー | Genre: Tour

その名もダハブゲーム


フィリピンに降り立ちはや10日が過ぎ去ったわけだが、もっぱらドラムを叩いて過ごしている。その他にダハブゲームをしたり、あとはまあ英語を勉強したりしているのだが、そこらへんは順を追ってざっくり説明しよう。

前回の日記では上海インした後陸路でシリアへ向かうと書き散らかしたのであるが、シリアのデモ激化につき退避勧告まで出た上に今後の情勢の見通しは限りなく不透明に近いグレー

モロッコやエジプト、ヨルダン等、他アラビア語圏での留学も考慮してみたけれど、やはりダマスカスで勉強したいという強いあれがあったため、パス。かといってこれ以上日本待機には耐えられない。

どうしたものか、と座禅を組み熟考したところ、ぽよよ~んと浮かんできたのは「英語留学」という選択肢。

英語→アラビア語という順序はいかにも王道ということから従来強く反発してきたのだが、あまりにも絶妙すぎるタイミングでシリアデモが発生したため、これも天命と思い、考え直した結果、フィリピンはバギオの語学学校にてイソイソと英語を勉強しているわけである。

英語留学で何故フィリピン!?という、みなさんが疑問に思われるであろう点についてはあえて割愛しよう!とりあえずナイトライフが充実してるから、ではないよw

さてそんなフィリピン第二の都市バギオの語学学校BECIに在籍中であるが、やはりアジア、生徒は日本人と韓国人ばかりである。その比率、実に50:50。授業はほぼ先生とのマンツーマンで英語しか使わないのでいいんだが、普段の生活で日本人と接するとき、日本語を使ってしまう(使われてしまう)ことがある。

やはり更なる強化のためには日常会話から英語に徹底する必要があるんだが、どうしたものか、と座禅を組み熟考したところ、ぽよよ~んと浮かんできたのは「ダハブゲーム」という選択肢。

これはいかに上手く嘘をつけるかで勝敗が決まる、まあいわばダウトを2000倍えぐくしたようなゲームなのだが、去年エジプトはカイロの日本人宿スルタンホテルにて教えてもらい、それ以降ハマっている。

これを英語で出来たら確実に良い勉強になるし、延いては、日常会話を英語に変えるキッカケにすらなると踏んでいる。そういうわけで早速ルールブックを作成し普及に努めている次第であります。

果たしてこの2ヶ月でどこまで英語伸ばせるか。長くなってしまったのでドラムについてはまた後日。
田中2
BECIスタッフの田中。爆笑問題の田中に似てるから田中と名付けた。

Topic: バックパッカー | Genre: Tour

さよならにっぽん、ダマスカス事変

完全に春が来やがりましたね。
社会人2年目のみなさま、新社会人のみんな、一週間おつかれ!
ニート、ハロー、ナマステ、こんにちは。みんな元気?生きてる?

どうも、ほざです。
本日も長めでお送りします。
飽きたら下のねこでもえしんだらいい!

なんやかんやでまだ日本に居ます。ひきこもりがちな日々です。
ねこと遊んでシエスタ取って、将棋指して新桃太郎伝説やって、
エリオットスミス弾き語りしてシエスタ取って、TVばっか見てます。
うーるおってくるりー☆のCMの真ん中のお姉さんが好きです。
JIN-仁-の中谷美紀はもっと好きです。綾瀬はるかも内面から美しい。
大沢たかおもかっこいいな。。てかJIN-仁-、世界80カ国で放送するらしいがシリアでもやるのかな…w


それはそうと5月13日、日本を出ます。
やっとですが、チケット取りました。1年か2年か分からんけど、当分帰ってきません。その間携帯解約してきますんで、
御入用の場合はコチラへ→southbird21@yahoo.co.jp

Google マップより引用
snap_southbird21_201145155030-12.jpg
目的地はシリアの首都ダマスカス。アラビア語勉強してきます。
で、直行だと風情が無いので大阪からフェリーで上海インし陸路で向かおうと思う。シベリア鉄道ならぬシルクロード鉄道で5000キロくらい爆走し中国横断、カシュガルからパキスタンのフンザへと抜け、イスラマバードからダマスカスに飛ぶー。
中東情勢の煽りを受けめっさ原油高になっていて、成田から一気にダマスカス飛ぶより、こっちのが安上がりなのだ。それに前々から敦煌には行きたかったのでいい機会。そして明大のごくせん野郎こと井口大先生にご教授頂いた中国語が活躍する初めての機会…。

夏はフジロックのために帰国しようかと思ってたんだけど、金銭的にきついかも。
来日するよりもグラストンベリーとかに足を運んだ方がおそらく安上がりというw

さて本日より出発までにある唯一の予定が治験のバイトとドラクエ3のコンサートというえげつない事態ですんで花見したい、飲みたい、遊びたい、会いたい、デートしたいという方、全全全面募集!!!!笑


* * * * * * * * * * * * *

2011年3月11日東北大震災があったとき、京都の山に籠りヴィパサナ(瞑想)へ参加していた。参加者には外国人も多数いたから分かるのだが、ほとんど各国の大使館から、東北や関東だけでなく「日本全土」への退避勧告が出ていたようだ。10日間のコースは5日目で中断、海外組はみんな母国へ帰って行った。

情報化社会は情報を即座に均一のまま地球の裏側へも送るもんだと思っていたが、やはり物理的に距離があると誇張・誤報・恣意的な書き換えが生まれるのだと痛感した。むしろ、情報化社会だからこそ、それは一層強められてしまうのかも。やっぱり物理的距離と心的距離は相関関係にあるのかね。恋愛とかでも(ry

シリアのダマスカスで大規模なデモが発生し18人が死亡、南部ダラアで5000人規模のデモ、、連日そういったニュースが流れる。それを見聞きし、シリアは危ないと断定する。延いては中東全域=ハレンチだと勘違いしてしまう。

実際はどうなのか。ダマスカス在住の友達に聞いてみると、「相変わらず平和だよ」という。「こっちのニュースだと、東北だけでなく日本全土がデンジャラスだと報道されているけど、それと同じだね。」

仕方ないとは思うものの、そういった距離から生まれる十把一絡げ的な無知と偏見と不理解を、途轍もなく遺憾に思うのです。アフリカは野蛮で危ないとか、中国人は○○だ、とかもその親戚。そういう悪質な偏見は“距離”から根を生やすんじゃないか。だとしたら旅に出て見識を広めるというのは、“距離” を埋めることで物事をフラットに見据えて行く過程。いやはやダマスカス暮らしが待ち遠しい。

ま、原発のことは日本政府が事態を軽視し過ぎているのかもしれんけどな。
どうなんだろう、その辺は分からん。笑

* * * * * * * * * * * * *
おまけ
うちのねこジョゼがいかに巨大化したかを記録した歴史的ドキュメンタリー!!
最後にとっておきの映像用意しておきました!
[広告] VPS

誰がデブネコや!!

Topic: バックパッカー | Genre: Tour